MOS資格試験とは?試験の概要とおすすめする理由

ワード・エクセルなどマイクロソフトオフィス系の資格を取得したい!という場合、私の教室では、MOS(Microsoft Office Specialist)からの取得をおすすめしています。

MOS資格試験の概要

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)とは
エクセルやワードなどのマイクロソフト オフィス製品の利用スキルを客観的に証明できる資格です。

< 受験方式 >

試験はすべて、コンピューターを使った実技試験(CBT)です。
ファイルの作成・編集などを、実際に作業しながら解答していきます。
合格・不合格の結果は、試験終了直後にコンピュータの画面で表示されます。

 

< 試験科目の内容とレベル >

ワードとエクセルには、一般レベル上級レベルの2つのレベルが用意されています。
パワーポイント・アクセス・アウトルックはレベルが分かれていません。

試験科目 一般レベルの内容 上級レベルの内容
Word
ワード
(文書作成)
文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordでの基本的な編集機能を理解している スタイル機能や目次・索引作成などの長文機能、他のアプリケーションソフトからのデータ取り込みなど、Wordでの高度な機能を理解している
Excel
エクセル
(表計算)
数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作を理解している ピボットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規制の設定、マクロの作成・編集など、Excelでの高度な機能を理解している

 

試験科目 内 容
PowerPoint
パワーポイント
(プレゼンテーション)
スライドマスターの編集、アニメーションや画面切り替え効果の適用・そのタイミングの編集、スライドショーの設定、配布資料の作成など、さまざまな目的や状況に応じてプレゼンテーションを作成・編集できる
Access
アクセス
(データベース管理)
基礎的なデータベース設計の原則を理解し、テーブル、リレーションシップ、クエリ、フォームレポートなど、基本的なデータベースオブジェクトを作成・編集・管理できる
Outlook
アウトルック
(電子メール・情報管理)
メールの作成・編集、予定表の管理や活用、タスクの管理や依頼など、さまざまな目的や状況に応じてOutlookの機能を活用できる

※MOS公式サイトより

 

< 受験料と試験時間>

どの科目も共通です(2020年9月現在、Office365&2019の上級レベルとアクセス・アウトルックの試験はまだ開始されていません)

 

< バージョンの違い >

エクセルやワードなどのマイクロソフト オフィス製品は、約3年ごとに新しいバージョンが発売されています。
現在、MOSの試験科目として用意されているバージョンは

● Office 365&2019 ● Office 2016 ● Office 2013

以上の3つのバージョンです。

どのバージョンを受験するかの基準は、状況にもよりますが
1)職場や自宅のパソコンにインストールされているバージョンと同じものを受験する
2)その時に最新のバージョンを受験する
このどちらかになると思います。

 

MOSのおすすめポイント

ワード・エクセルなどマイクロソフトオフィス系の資格はMOS(Microsoft Office Specialist)以外にも複数あり、それぞれに良いところがあって、どれもおすすめなのですが、それでもまずはじめにMOSをおすすめする理由をあげます。

 

< 実際に使えるようになる&難しすぎない >

MOS資格はコンピュータを使った実技試験です。「テキストを読んでおぼえる」というものではなく、実際に使えるようになる必要があります。

取得のための学習をすすめることで、エクセル・ワード・パワーポイントなどに「どのような機能があり、どんなことができるのか」を体系的に知ることができます。

また、MOSの一般レベルは難しすぎることはなく、丁寧にコツコツと学習をすすめていくことで、必ず取得できるという点も、初めての方におすすめする理由です。

まずは、MOS一般レベルを。そして、さらに上級レベルやサーティファイ認定試験の1級などを目指してください!

< 認知度の高さ >

就職・転職時にアピールするために資格取得を希望されている方もいらっしゃいますが、その場合、資格の認知度の高さが重要となります。

MOSはワードやエクセルを開発しているマイクロソフト社が公認しているということもあり認知度の一番高い資格です。

※実際に採用担当の人事の方とお話しましたが、やはりパソコン操作が一定の水準レベルかどうかの判断は資格』になるし『MOS』はひとつの基準になるとのことでした。

< 国際資格 >

数多くの国と地域で実施されている世界共通の認定資格なので、身につけたスキル、そして取得した資格は世界で通用します。

 

MOS資格 おすすめのテキストと学習方法

↓↓↓ MOSを学習するに際に、教室で使っているテキストのご紹介です。

MOS資格 おすすめテキストと学習方法